水しぶき

防湿仕様で快適なフッ素コーティング加工された撥水タイプの衣服

青空と工場

衣服とフッ素コーティングの関係と聞いても、一体どんな関係があるのか想像もつかないという人が多いかもしれません。フッ素コーティングで思い浮かべるものと言えば、フライパンなどの鍋類が圧倒的に多いのではないでしょうか。しかし、フッ素コーティングという加工方法は、衣服を作る繊維にも応用可能です。
そして、フッ素コーティングされた繊維で衣服を作ると、水をはじく性質を持つようになります。この特性を撥水性と呼んでいます。撥水タイプのスーツやパンツは、雨に日に外出しても水滴を表面ではじいて生地内部まで水がしみることがないため、多少水が服にかかっても、ひどく濡れる心配がありません。また、防湿性も備えているため、暑い日や汗をかいたとき、或いは、屋内が高湿度の季節でも、衣服の繊維が傷んだり、不快なカビの臭いに悩まされることもありません。
最近は、このような防湿性と撥水性を備えた快適な衣服が、ジャケットでもワンピースでもブラウスでも多数販売されており、もはや高湿度の季節や雨季に着用するものの選択や防湿対策について、さほど悩まなくてもよくなっていると言えるでしょう。それは、フッ素コーティングによる繊維加工技術が発達したお陰なのです。

皮革製品はフッ素コーティングで防湿ができる

渋くて高級感あふれる皮革製品が好きで、バッグも靴も皮革で統一したいと考えているなら、フッ素コーティング加工済で防水防湿仕様のものを選ぶのがおすすめです。皮革製品の魅力を長く楽しむためには、その素材ならではの色や風合いを大切に維持する必要があります。経年によって風合いが徐々に変わっていくのを見るのは楽しみですが、皮革の場合、水分や湿気の影響で、望まない色や風合いの変化が起きてしまう場合も多いのです。
フッ素コーティング加工によって防水ならびに防湿対策が施されていれば、普段のお手入れもかなり楽に出来ます。特に、仕事や家事育児で忙しく、手もちの皮革製品のお手入れをまんべんなくこまめに行う時間的余裕がない場合は、製品自体が防水防湿性を備えているものを選ぶのが賢明と言えるでしょう。
ただ、雨が多い時期や冬場に雪の中を皮のブーツで長時間歩いた場合など、水分による製品のダメージが心配される場合は、着用後に早めに出来るだけ丁寧にお手入れをする方がいいでしょう。汚れを奇麗にふき取った後は、フッ素コーティング剤を含む防水スプレーなど、適切なお手入用品で防水防湿性を維持できるようメンテナンスを行います。そうすることで、ずっといいコンディションを維持したまま、使い続けられるはずです。

タッチパネル式デバイスの防湿や指紋防止に使えるフッ素コーティング

毎日、長い時間にわたってスマホやタブレットを操作していると、タッチパネルが見づらい上に反応性が悪くなった経験がある人も多いのではないでしょうか。これは、付着した指紋でタッチパネルが覆われてしまったことが原因の場合が多いです。こまめにタッチパネルの拭き掃除をすれば済む話ですが、ずっと使っていると、つい忘れてしまうこともあるでしょう。
フッ素コーティングでタッチパネル表面を加工すると、撥水撥油性という特性が付与されて、水だけではなく、皮脂のような油もはじいてくれるようになります。こうした加工を施したタブレットやスマホなら、指紋汚れや水による性能低下、故障などに悩まずに済むので、使用感は非常に快適です。
また、フッ素コーティングされている場合、防湿性という特徴も同時に備えているため、空中の湿気の影響をも受けにくくなります。フッ素コーティングによる防湿性の原理は、フッ素樹脂被膜によって空中の水蒸気のデバイスへの吸着を防ぐというものです。湿気は、電子部品や金属製の部品にとっても大敵です。フッ素コーティングによって防湿性を備えたスマホやタブレットは、性能の劣化や故障が起こりにくいユーザーに優しい製品と言えるでしょう。

基板

フッ素コーティングの特徴を活用して防湿効果を備えた様々な製品

製品を汚れや破損から守る目的で、様々な物質を使ったコーティング技術が開発されていますが、各々のコーティング方法に特有の特徴があります。フッ素樹脂で製品をコーティングするフッ素コーティングの場合は、水や油など、他の物質を製品表面ではじいてくっつけない非粘着性という特徴がよく知られています。この特徴を、湿気に弱い幅広い製品に応用すると、優れた防湿効果を発揮してもらうことが可能です。例えば…

光学レンズ

錆び付きやすい金属の防湿対策にフッ素コーティングが役に立つ

屋内外を問わず、人間の生活のあらゆるシーンで利用されている金属製品ですが、水や湿気があるところで使われると錆び付きやすく、錆びるともろく、破損しやすくなるのが弱点です。また、特に金属の美しい光沢をセールスポイントとしている製品では、錆びによる著しい外観の劣化も頭の痛い問題でしょう。金属の錆び付きを防ぐためには、水か酸素のいずれかが金属に触れないようにする必要があります。空気をブロック…

紡績工場

フッ素コーティング加工による防湿効果が特に有益な製品

一般に、製品のコーティングは、製品を衝撃による破損や様々な汚染物質による汚れから保護するために行われます。製品によっては、外観を整える目的でコーティング加工を施す場合もあるでしょう。フッ素コーティングで製品表面を加工すると、こうした効果以外の便利な特性を与えることが出来ます。その一つとして防湿性がありますが、この効果のお陰でクオリティや耐久性が向上した製品が数多く存在します。例えば、…

機械のスイッチ

建築現場の木材の汚れ防止と防湿にフッ素コーティング

木造の建築物を建てるのに使われる建材は、建物が完成するまでの間、屋外で風雨に晒された状態になります。小さな建物でも一日で完成することはないですし、大きな建物なら、かなり長い工期が必要でしょう。その間、雨や雪が降ることもあるでしょうし、季節によっては、湿度が非常に高くなることもあるでしょう。また人通りが多い道路に面した建物なら、通行人が飲み物などをこぼして汚すことも考えられます。ビニル…